« 医療のIT化これいかに | Main | 結局どうしたらいいのだろう »

April 15, 2008

報道は後手に

長寿医療制度というへんてこな名称に変更になった後期高齢者医療制度、2006年に法案が成立しています。いままでの種々の法律同様、実際施行されるまでに、だめな部分は改定されたりします。

しかし、マスコミも騒ぐのが遅すぎます。なにかしら医師、医師会側が文句を言うと開業医の既得権益が損なわれるから、という理由と思われてしまいます。
一昨年のリハビリテーションの大幅な改定のときもリハビリ難民が出現してやっと大きく報道されました。これだけの情報化社会と言われても、特に高齢者には大事な情報でも耳に入ってくるのは地上波のテレビ、新聞の1面でなくてはなりません。

半年以上前からクリニックでは高齢者医療制度についてのポスターを張っていましたが問い合わせは数件に満たないものでした。大マスコミはこのように地味だけれどとても大切な事案をもっと真摯に受け止め報道してもらいたいと思います。

|

« 医療のIT化これいかに | Main | 結局どうしたらいいのだろう »

「ニュース」カテゴリの記事

Comments

医療って私達の生活にどれくらい染み込んでいるのでしょう

マスコミは長寿医療制度の報道が遅い…確かにその通りだと思います
私がこの制度について知ったのは、昨年の秋頃でした

1番最初に何で知ったのかは覚えていませんが その頃、TVの医療情報番組でみたし 毎月、市が発行している広報と 通院先の病院で配布している、患者向けの無料の医療情報誌にも掲載されていました

自宅の最寄り駅では 帰宅ラッシュ時間帯の真冬の寒空の下で数名の高齢者が この制度の反対署名活動をしていました
もちろん署名して帰ってきましたよ

何にせよこの制度、日本の医療の大きな大きな曲がり角になりますよね
各地でこの制度の中止・撤回を求め署名活動が行われていますが、今後 どんな方向に向かっていくのかなぁ…
心配 (。・_・。)

Posted by: チョコアイス | April 20, 2008 at 07:19 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/72778/40886773

Listed below are links to weblogs that reference 報道は後手に:

» 後期高齢者医療制度で厚労省のKYに唖然 [Blog vs. Media 時評]
 静かに流れていた4月15日時限爆弾説の予測通りに、後期高齢者医療制度による高齢者年金からの保険料天引き開始は大ブーイングを浴びています。テクノラティが提供するブログ記事頻度グラフでも、キーワード「後期高齢者」が15日1日で2500件を超えました。この立ち上がり方は宙に浮いた年金記録問題発覚の時と似た激しさです。  後期高齢者医療制度「選挙では勝てませんよ!」は「送られてきた年金振込み通知を見て驚愕した。年金43,550円から介護保険料など15,000円を控除し、振込み額が28... [Read More]

Tracked on April 16, 2008 at 10:50 PM

« 医療のIT化これいかに | Main | 結局どうしたらいいのだろう »